さて本題に。

IMG_1391_2017102117174604b.jpg
IMG_1392_201710211717598bb.jpg
IMG_1393.jpg
昔の自分の空回りする執念と、甘さが見える。

ヒストリックのエスカッションは本当に素晴らしく、エスカッションを曲げてボディートップに密着できるようにさえボディートップを整形すれば、それは既に結構格好いい・・っていう。

強度が完璧。

ここがこのパーツの胆なのだが。

指板の厚さが、このオリジナルの高さのエスカッションと全く同じでしょ?

図面通りに拘り過ぎた結果。

この部分多少分厚い方が、出来るフレット交換の回数が増えるし、2mm程度分厚くたって、ブリッジが2mm上がるだけ。

2mmは大きいが、そこで問題は起きない。

最後の写真の指指し部分に角が残ってる。

ここを均せば、もっとぴったりフィット。

でも多分、これを作った頃、ディマジオのトールエスカッションの入手は簡単だったが、ヒストリックのは難しかったような記憶。

あれはカチカチだから、底面を削って合わせるのか・・・?って考えてた筈。

ハードの完成度はそのままソフトの完成度に反映するっていう良い例。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新トラックバック
プロフィール

池内銘木商店ギター部顧問

Author:池内銘木商店ギター部顧問
Let's 謀!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言