いろいろいろいろ。

いろいろいろいろあり、ジムでもらったブッシュミルズのウイスキーが飲めていない。

昨日ギターの納品が終わったタイミングで飲もうと思っていたが、流れが切れない感じだったので、まだ飲めずにいる。

3回蒸留のウイスキー。

お礼に2回熟成の醤油を。

1回負けている。

頭の中が白いので、あんまり何も思いつかないが、ワシンのとのこと、浜二のサンディングシーラーはとても良いと思った。

あと、やっとひまし油ラッカーが使える感じになって来た。

これでヴィンテージのにおいも再現だ。

手触りも。

寿命も・・・これはわからん。

あと、やってない事なんかないか?と考えて一つ思いついたのは、ヴィンテージフェンダーみたいに、ネックポケットに塗装を残すって事。

どこのメーカーも塗装前にマスキングして、塗装後剥がしているが、手間が増えてるのか、手間を省いているのかいまいち解らない作業。

ハンドルをボディーに付けて塗装する場合、ハンドルがネックポケットに着く訳だから、ハンドル周りにだけ塗装がついてしまう。

それだけ剥がすとか削る手間を考えた時、マスキングの方が楽か?といえば、そうでもない気がする。

ハンドルを着けずに塗る場合、ポケットの壁のキワだけ塗装が薄くなると思う。

キワだけ塗装が厚くなったら、削るとるのは難しいが、キワの塗装の厚みに、それ以外の部分の塗装の厚みを揃えてやるのは難しい事ではない。

ハンドルを付けるとキワだけ塗れるように思えるが、キワのキワにはやっぱり塗料は着かないと思うから、どっちでも手間は一緒のような。

ここで話は振り出しに戻るが、マスキング有る無しで、変わるのはなにか?

マスキングを剥がすのが邪魔くさいのか、塗装の高さを揃える方が邪魔くさいのかの選択になるような。

ユーザー側に関係する問題は、ジョイント周りの塗装のチップのしやすさだけか。

塗装がポケットに乗ってるほうが、チップはし難い。
スポンサーサイト

未来は明るかった。


また明るくしよう。

ヤングマン


やっぱ、ええ声。

スーパー塗装日和

なんか、台湾はこんな気候だったな~と朝から思う。

ブルボンから、ソフトクッキー・パイナップルってのが出てる。

味がパイナップルケーキそのもの。

もうこれで台湾土産を待つ必要が無くなった。

最近なんだかバタバタだが、淡路島に恒例の玉ねぎ収穫にいったし、南アルプスに、ソースかつ丼を食べる為だけに行ったり。

玉ねぎ収穫は機械が良くなって、またもや機関車仮面。

俺の時代は終わった~!どかん。

玉ねぎを掘って土の上に生えてる部分を切って、ケースに詰めるまで機械がやる。

前は玉ねぎ抜いて、並べて、草刈り機で土の上の部分を切ってケースに詰めて、軽トラに積まないといけなかった。

作業をあえて残してくれてる感たっぷりだった。

かなしい。

作業終わりの、いつものスーパー銭湯も、疲れてないからあんまり気持ちよくもないし。

来年はどうなるんだろうか?

話変わって、フロイドのリセスの形はなんかこれで良さそうというのを思いついた。

数多あるジャンクのボディーで練習だ。

あとは、何か、虫に刺された。

寝てる時。

猫が運んできたのだろうか?

とりあえず自由に出入りできるようにしてやっているのだが、我が寝室にいつもいて、こっちを発見すると、いそいそと出て行く。

2メートル弱距離をとって、こっちを観察している。

それ以上は近づかないが、階段で鉢合わせしたら、一度やり始めた事を途中でやめる事が出来ないのか、逃げればいのに頑張って走ってすれ違う。

猫が居眠りしてる時に、こっちが寝室に入って、気が付かずに戸を閉めてしまうと、驚いてしゃ~と言いながら部屋をぐるぐる。

戸を開けてやると、そこから外へ出て、やっぱりベランダから降りる時、どっかぶつけてゴ~ン。

痛そう。

ギター教室は、とうとう、トリマーを使うところまで来た。

切削くず問題は、それほどの物ではない事が解った。

そろそろ塗装のインターバル終わる。

塗ってくる。
最新トラックバック
プロフィール

池内銘木商店ギター部顧問

Author:池内銘木商店ギター部顧問
サウンドチューナーのお仕事。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言