レスポール音ダイエット。

最近、ソリッドボディーのエレキギターの音質を完成後に動かす方法を色々思いつき過ぎたので、元々複合素材のレスポールの方が音作るの難しいと感じるようになってきた。

音を聞いてからいじるって事が出来ないからだ。

当たりの幅のどこかに着地じゃなくて、真ん中を射抜く方法をソリッドボディー(元々そうなだけで完成した時は複合素材になってしまってるけど・・・)で見つけてしまったから、相対的に難しく見えるようになってきたって事。

例えばレスポールなら、ライブ・アンド・デンジャラスの始まりのジェイルブレイクの最初のご~んのとことか、FREEのオールライト・ナウのギターソロの後のご~んのところとか、フリートウッド・マックのOh Wellのリフ、シン・リジーのチャイナタウンのリフなんかで聴ける、6弦がボディーとネックの上で右往左往する音と、明瞭なローというのは両立出来ない。

出てるけど聴こえないという状態な訳だけれども、これを聴こえるようにする事は出来る。

けれども、そこ・・・つまりローが明瞭なレスポールで、上に揚げた曲を弾いても感じ出ないのである。

フェンダーとギブソンの違いと言えば音のタメ。

このタメとはさっき書いた右往左往の音があってのもの。

ボディーの反発力が大きく、素直に弦の振動が、ボディに吸収されず跳ね返えされ右往左往する音が一発入り、弦の振動が減衰し、それがボディーの音の吸収できる所まで達した時ボディーが鳴るという2段構えで音が出る事によってギブソンのタメは生まれる。

しかし、フェンダーにもそう云う音のギターがあり、ボディーが硬くなって行けば、やはりタメは出てくるし、ローも明瞭でなくなって来る。

ネックの強度が足りていたとしても、ボディー材の強度差が小さくなり過ぎると、跳ね返される音の成分が増し、鳴りの方が減ってゆく。

ネックの強度が足りず、それに合わせてボディーの強度を落としたとしても、鳴りはするが、ギターとして全うすべき音の居場所に、音がいない事になってしまう。

レスポールのローを明瞭に・・・の方にギターを柔らかくというか、軽くして行くと、今度はギブソン的なタメが消え、フェンダーチックな音になってゆく。

その間に有るのがギブソンの音だが、フェンダーチックな音が悪いのかと言えばそうではなく、そこは十分良いの真っただ中。

これが難しいといころ。

ローを明瞭にする事とタメを減らす事とは直結してる。

さっきの、ご~ん。

このご~んのご~の所までは弦がもがいてるだけなので、ローがぶすぶす音の塊から時々突き出る感じでちぎれちぎれでしか出ない。

~んの辺りに達して初めて、繋がったローが出るが、そこ、実際の曲の中で、待てるのかという問題が。

所謂、ロングトーンでしか、ローが出ず、ロングトーンの始まり地点では出て無い時間帯が長い。

フィードバックを待つ演出時にしか聴こえないローははたして出てるのか?問題というのもある。

今の所、アルダーレスポールはコゾフとか、ピーター・グリーン、スノウィー・ホワイト的な感じが強い。

ボディーを削れば、ジミー・ペイジに近づくが、それを通り越したところにも、良い音領域は有る。

こういう予備知識のもと、作業を進めるが、どっちにしろ失敗は無いので、先ずはトップの形状を格好良く。

トップを盛る事は出来ないのだから、それをやるには、外周部分を落とすしかない。

これで、トップが軽くなるし、バックにも埋めがたい傷が。

これを削って面一にしたら、そこでの音で満足としたら良いと思う。

今のところ、3.75Kgの重さ。

マホガニーなら、この時点でかなり、ご~ん感は無い筈だが、アルダーにはこの重さでまだそれが有る。

オリジナルそのものっていう縛りはもう既に無い訳だから、かなり自由な気持ちで作業出来ると思う。

また作業を進めるにあたって、何か別の道なんかも見えてくるかもしれないし。
スポンサーサイト

夏休み子ども科学電話相談。

夏休み感の演出にだけは困らない。

それ以外の季節感は頑張らないと無くなってしまうが、これだけは、人任せで良いのが幸せ。

時々強豪が現れて、どきどき。

話がかみ合ってそうで、そうでもないのとか全てどきどき。

今年の今のところベストは、「ご飯よりおにぎりの方がおいしいのは何故ですか?」という質問。

多分小学一年生の質問だったかな。

先生も先生で、ご飯とおにぎりの構造について美味しんぼの山岡のような説明をするのではない。

好きとはどういう事か?って説明する。

で、この質問者が凄いのは、感情論ではない所にある美味しいを自分の意見としているところ。

結果としてご飯粒を、ご飯状態よりおにぎり状態で食べた方が沢山食べられるから、僕って、おにぎりが好きなのかな・・・だから僕はおにぎりを美味しいと思ってるらしい・・・だからおにぎりがおいしい!というもの。

未来は明るい。

でも逆に考えれば小一でそうなら、先天的なものであって後天的なものでは無いのかもしれない。

だとすれば、未来も今も昔も同じことの繰り返しかもしれないが。

後天的なもの、環境的なものである事を願いたい。

今年のこの日はちょっと考えた。

政教分離って理念なのか決まりごとなのか詳しい事は良く解らないが、そういうのあるじゃない?

これって一般のイメージで言うと、公明党と創価学会の関係はどうなの・・・・?とか、最近は日本会議と自民党ってどうなの?ってイメージしか無いと思う。

でも、そういう特定の有る程度のサイズの宗教団体の事を政教分離の教で指しているのではないと思う。

この教は所謂、ファンの事だと考えている。

有権者と政治家の関係性を越えたところ、又は踏み出た関係の中で政り事をやったらいかんっていう知恵というか、祭政一致時代の反動と言うか。

最近よく、ファクトチェックとか、フェイクニュースとかポスト・トゥルースがどうのとか言われる。

これはファンとやる側の関係性の中では問題に出来ない問題でしょ?

ファンはやる側のファクトに興味は無いし、一方的な理想を押しつけてくるものだし、プロレスファンとはプロレスのファクトについて、それは言わない約束よ・・・を越えて、それを積極的に見ないという事をするという態度の人を言うのだし。

そしてファンが向けたフェイクのピックアップの密度と完成度でタレントは評価される訳だから、ファクトチェックの甘さやフェイクニュースの氾濫を問題にするのは問題にするのが間違っている。

ファンと政治家という関係性で政治をやっちゃいかんって決まりごとが、タレント議員の乱立以降、ぼやけてしまった。

プロレスの見方をアイドルと運営の見方に応用した人が結構いて、それが政治にっていう流れは間違いなく有って。

そして、内側の人として語る事に快感を覚える外側の人が収奪の対象になっている。

こういう構造が若くして見えてしまう人は多い。

だから時代に余裕が出てくると、コンサルなんかも言う、顧客をファンに・・・に背を向ける人が出てくる。

実力で人を振り向かせたいから、とか、技芸に誠実で在りたいからという理由で客を客どまり、ファンにはさせないと頑張る人が出てくる。

ファンはファクトチェックを積極的に避ける訳だから実力なんて見てもらえない・・・っていう。

そこで頑張り切れなかった人が、自分の真実を捨て、ファンの理想(つまりフェイク)に染まってブレイク、生活が出来るようになるというのは、芸人の下積み期間と、ブレイクの間のタイミングに間違いなく有る手続き。

それを万人万能の成功哲学だと思い込むタイプの人がテレビタレントだったりするので、テレビで政治を語り、そこにタレントを出すと、真実を捨てた人の人口密集地で政治を語る事になる。

局付けのアナウンサー、記者にとってタレントは客だし、アナウンサーは独立した方が格上っていう価値観も有る。

タレントはタレントなんだから仕方が無いのは確かだから、やる側と客の関係性からはみ出てはいけないと言える場所でも無い。

政治の話はテレビでしてはいけないというのも無理だろう。

政治にファンが付く内は。

行くところまで行くだけで自浄作用はこの流れには働きようがない。

もし僕がギターに興味持たなかったら、今起きてる事にもっと夢中になれたと思う。

でも、90年代からギターと深く関わりだした人間からすると、もう見たよって事しか起きない。

お客さんの真実ではなく、ファンの真実が、インフラレベルの現実に忍び寄っている。

祈っても雨は降らないよ。

僕にとってのレスポールはインフラだから、ちょっと早目に見てしまったのだと思うけど。

プロレス、アイドルまでは良いし、そういうものだし。

祈っても雨は降らないから、有るものがそれなんだから。

ギターもそうかな・・・?

でも、そこまでなんじゃない?とか、もう十分でしょ?って言っても誰も話を聞かないから、”そこまで”の”そこ”を更にインフラに近付けて行く次のスターが出てくるんだよね。

でも、そこをそこ以前に押し戻す、良かったところで留めておくっていうのに懸けてきたのだから、もうこれ以外出来ないし、今更フェイクのクオリティー(猫なで声とも言う)で勝負したってそっち向けの脳みそは一切育っていない。

諦めろ。

2017年夏。

ヴィンテージサウンドの考察40の下書き。

さてまたおさらいからです。

僕はあの人に勝ちたい。

この先からが面白かった筈です。

で、既に皆この後見てるのです。

つまり同じ土俵に並べる商品として、この後が有る事は必須なのです。

見る側からすれば当然でしょう?

モビルスーツの力の差だ・・・ってランバ・ラルに言われて悔しいアムロも見てますよね?

しかも今は機械化が進み、正確な射撃だ・・・が首どころか、職業自体の消滅の原因になるのです。

ルールが有ってその中で戦う場合、AI的なものに勝てる筈が有りません。

しかし、エンターテイメントは見る側が人間であるという条件が外せない物です。

つまり、人間に勝った物がより優れているのは確かでも、それを人間が見て面白いかどうかは別問題なのです。

人間の代わりをする機械が珍しい時代には、ギターは不完全な楽器だ・・・とVAIは言ってましたけど、今それを彼が言うとは思えません。

サイボーグが珍しくそれに近い人間が偉いとなれば、彼の名言は名言たりえます。

そしてその通り、彼のかの発言は、打ち込みどころか、切り貼りがちょっとまだ新しいかな?時代のものなのです。

しかしもし、今そんな事を言ったら、お前の方が不完全だろ?って十字砲火を浴びるだけでしょう。

そこが自分の存在意義だって気が付かざるをを得ない時代なのですから。

ジミー・ペイジでネット検索すると必ず、検索上位に下手って出てきますよね。

VAIもペイジファンだったりしますし、ホワイトスネイクの頃、間違いなく、ペイジごっこしてましたよね?

機械でも出来る事信者のグルは信者の信仰の対象になどには興味が無かったって事です。

Vaiとペイジならどっちが取って替わられ易いのか?って考えたらもう答えは明らかでしょう。

けど、Vaiもなかなか。

どの部分が難しいのはもう解ると思います。

ギターの進化についてもそうです。

結局はピッチの問題と、各弦独立スケール化に向けて・・・しか無い感じですよね。

ピッチの問題は解決できた方が良いですが、各弦独立スケールで各弦のテンションを揃えて・・・って理想は解りますけど、それこそ、コンピューターの出番でしょ?

好きな弦の音をサンプルして、その音程だけ変えて行けば完璧です。

かといって物理でそこにアプローチするのが無駄かといえばそんなことは有りません。

各弦独立と言っても扇形にフレットを切ってるだけですから、全ての弦に理想的なスケール設定が出来ている訳では有りません。

その音と、ピッチをシフトして例えば5弦の音質のまま1弦から6弦までの音程を作ったものと聴き比べたり、又は、各音程において、理想のテンションと音質を持っているポジションを一つ一つ探し出し、それをオクターブ修正して2個のサンプルにして、1弦から6弦の全てのフレットボードを埋めたものと比較したり。

物理的アプローチの不完全なギターの音の方がギターの音だって感じたら、それだけで価値が有ると思います。

人間がどこでギターを感じているのか?に対する理解が深化するからです。

でももしそうだとしたら、物理的アプローチの各弦独立スケールのギターへの高評価は、各弦同一スケールギターに近い・・・すなわち(笑)なんですけども(苦笑)。

ちなみにVaiは25年くらい前、この辺りの事は全部試してます。

今の商品ラインナップを見てると、ようやく下々の者が・・・って感じます。

フロイドローズが、一時シンクロにとって替わった時期が有りましたが、フロイドローズブリッジ開発の目的とは違ったところに、フロイドのエッジが発見された・・・って事実もあります。

ナイトレンジャーのシスタークリスチャンって曲が有りますが、あのソロの音程、シンクロで出せる人っていないでしょう?

簡単なところで、モトリーの、キックスタートマイハートのイントロとか。

サドルから弦が浮くほどではない音程変化ではあるのですが、だからこそ、シンクロとの比較がやり易く、サドル後ろの弦の有る無し、って要素の大きさがこの演奏では感じられます。

シンクロとフロイドでは、ブリッジスタッドからサドルトップまでの距離が違います。

だから、同じ角度ブリッジをアームで動かしても、サドルが動く距離が違ってきます。

つまりそれがアームの稼働の対する音程の変化の比率の違いとして聴き取れる訳です。

今は、荒唐無稽な理想も、現実に出来てしまうし、シミュレーション出来てしまうのです。

自分が理想としている事も、具現化して自分で確認してみたら自分で見てもつまらないって事も自分で確認出来るのです。

又は思っていた以上に面白いとか、それを形にする途上で、使った方法論が生きる別の方向が見つかったりとか。

だから何でもやってみる。

とりあえずやってみる事においての物理的、金銭的、時間的損害が減っているのですから、とりあえずやってみては・・・と思います。

さて今回は・・・

ホンジュラスローズ指板。

IMG_0895.jpg
フレットの擦り合わせの時、指板も磨くから、またレンガ色にもどるんだろうなあ。
最新トラックバック
プロフィール

池内銘木商店ギター部顧問

Author:池内銘木商店ギター部顧問
Let's 謀!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言