FC2ブログ

梅雨っぽ。

この時期に、こまごました作業が出来る事はとてもありがたい。

シビアな木工は無理だけど、修理とか部品交換とか、単に研究とか。

木工も、木材が反る力を、弦のテンションが追い抜いていれば、別に梅雨でも問題なく進める事が出来る。

ネックが湿度で反ったって、その強度が弦のテンション以下ならば、弦のテンションでどうにでも出来るから。

けれども、少なくともボディーを鳴らせる強度が有るネックならば、加工と水分で反った分を弦に曲げさせてどうにかするって事が出来ない。

ネックの反りを、弦のテンションに収束させるというか、弦のテンションで管理出来てしまうって事が無い。

出来てもリリーフの管理程度。

空気中の水分で動くネックの幅は、正にそのリリーフの幅なので、リリーフ見越しの作業がルーズになる。

ところで、エレキギターの基礎知識だけれども、次何を書きたいかを思いつくまま。

ここまで読んで来た人ならば、ある人のギター開発者としての側面に疑問を持てるようになって来たかもしれない。

その人物の名は、レス・ポール。

彼はギブソン社にThe Logという名前のエレキギターの原型とされるギターを持ちこんだ事があります。

日本にいると、エレキギター原型はアコギで、それを電化したものという認識に染まりがちだと思いますが、ここまで読んでくれた人ならばもうそうではない筈です。

レス・ポールさんがギブソンに持ちこんだThe Log。

これはスルーネックのギターで、ウイング材を取り外し式で装着できるようにしたものです。

スチールギターを知らない文化圏の人がこのエピソードに触れたなら、レスポールさんがギブソンに持ちこんで門前払いされたギターはいきなりスル―ネックだった!その飛び抜けた発明に保守的なギブソン社が付いて行けなかった・・・という物語に読んでしまう筈です。

けれどもスチールギターが、エレキギターの原型だと知っていれば、彼が持ち込んだ、The Logは、スチールギターのネックのところを握れる太さに削り、ボディーにあたる部分にギター型の側を付けただけの物に過ぎない事が解ります。

そして門前払いの理由も、スチールギターの前進のドブロギターにもネックが握れるタイプの物と、ネックが握れる形では無く、置いても演奏出来るタイプの物が有り、そちらの方が音が良い事をギブソンのスタッフは知っていたから・・・だと考える事が出来ます。

スチールギターに銘機が無いのは、とりあえずほぼすべて銘機になれるデザインが有ったからです。

ボディーネックの太さがあまり変わらないので、ブリッジとペグを介して弦を張ったスチールギターは、材選びが正しければどの道鳴る物なのです。

しかしその当たりでもハズレでも、ネックの部分を削ってそこの強度を落とせば、ボディーになった側の方の強度が上がるので、そちらが鳴らなくなる・・・

これがギターづくりの胆である事を当時のギブソンのスタップ、フェンダーのスタッフは知ってて当たり前です。

なぜなら、その問題を解決する技術の開発こそがエレキギター開発そのものだからです。

スル―ネックは構造として間違っている・・・と当時の人気ギタリストのアイデアを一蹴してあげられる良心が有ったって事です。

レスポールさんのアイデアを歯牙にもかけず製作したおかげで、レスポールモデルは歴史的傑作ギターとして誕生する事となった訳です。

レスポールさんが音の事が解っていなかったとは思いません。

彼はまだテレビ放送で世のなかがどうなるか?を知る前の人ですし、ラジオで演奏のコピーを宣伝して売るというやりかたが新しいという時代の中で、ラジオ、テレビを通して聴いた音と遜色ない音が出たら、楽器はそれで良いじゃない!エフェクターが胆!という今の人と同じ考えを2周前に思いついた人だと考えた方が正しいと思います。

生演奏を見るより、テレビで音楽番組を見る方が有難かった時代の事ですから。

だからやはりレスポールモデルは、ジミー・ペイジモデルで正しいと思うのです。

もし彼の言う通り作っていたら、レスポールもテレキャスターもストラトも、性能面で現行品と一線を画すヴィンテージにはならなず、生産時期はヴィンテージでも、音は現行品というものになっていたのです。

スル―ネックのギターは今の人は良く知っていると思います。

ディマジオのトーンゾーンを付けないとギターの音にならないギター型の何かに過ぎないものです。

前々回のチャーハンの喩えではありませんが、ただ混ぜただけの食材、ただ組み合わせただけの部品群の音しかしない物です。

製作に一番技術が要らないエレキギターの仲間です。

それが一番木工技術的に高いと思えるのは、一番構造が簡単で、木工未経験者にでもどうやって作ったか解るからだと思います。

つまり構造が理解できる人が一番多いタイプのギターだという事です。

でもこれが、本質的には、レスポールモデルと考えて正しいと思います。

ブースレス録音を最初に提唱した人の一人がレスポールさんです。

未来派であり、その予想は当たっていますし、The Logと同じ音のギターが市場の98%位をしめています。

そういう意味で凄い人には変わりないのですが、あんまりエレキギターの黄金期の歴史には関係ないというか、黄金期が終わった後にも、重宝される才能だったと思います。

そこを今、皆さんがやっている訳です。

僕はやってませんが。

ま、とりあえず一つ目がこれかな。

あとは、ヴィンテージギター再現に必要な事を色々書くつもり。
スポンサーサイト

一晩まって

IMG_7108_2019071820052765d.jpg
最後の詰めは明日。

弦横ピッチ。

IMG_7105.jpg
IMG_7107_20190718200018d5a.jpg
IMG_7106_201907181959585c6.jpg
ナットの底に接着剤をつけて、弦で圧着。

その時、弦の横の指板とフレットの余白と言うかその部分の幅のバランスを取る。

今回は芯~芯じゃなく、横~横で取った。

1弦より6弦の方が太いでしょう?

芯~芯で取ると、6弦側の余白の方が狭くなる。

このギターの場合、別にどっちでも問題出ないけど。

深い。

IMG_7103.jpg
これで何やっても外れない筈だ。

ヘッド角度と、ナット溝の関係は一度詰めてやらないといけないな。

リイッシューギブソンのヘッド角度は14度で、それは後に17度に戻されたのだけど、そうなってからの時間の方が長くなったので、もう14度はダメだとか無意味に言う人もいなくなった。

でもこの14度、割といいのではないかと思っている。

場合によるけれど、ヘッド角を17度から14度にする、そして、ナットの溝の側面を出来るだけなくすことは、チューンOマチックのテールピースを上げる、又は弦をラップアラウンドさせて張る事とやってる事としては同じだから。

これで良い結果が出るギターなら、一度試しても良いと思う。

林勇治さんのフラットトップはヘッド角度が15度位。

こっちのギターを触れるタイミングが有れば、ナット溝の弦が引っ掛かる壁の部分を問題ない範囲で、出来るだけ削ってみても良いかも。
最新トラックバック
プロフィール

池内銘木商店ギター部顧問

Author:池内銘木商店ギター部顧問
ググらんでいいから、持ってるギターと付き合ってやれ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言